格安でネットショップ開業できるネット販売運営サービス【ECNALAb.】用語集

PPC・リスティング広告とは

読みかた:PPC・リスティング広告(ぴーぴーしー・りすてぃんぐこうこく)

Pay Per Click(クリック毎の課金)の略語。「ピーピーシー」と発音される。
リスティング広告とも呼ばれる。

広告がクリックされた回数分だけコストが発生するクリック課金タイプの広告。

検索エンジンの検索結果画面に広告が表示されるものが多い。

広告がクリックされた回数に応じて広告費用が発生するため、費用対効果が高く、人気である。

また、広告主は、どのようなキーワードで検索が行われた時に広告を表示させるかを

自由に選ぶ事ができる。

ネットショップの場合

「フラワーギフト」や「フラワーギフト 通販」といったキーワードで検索を行っている人だけに

広告を表示する事ができます。

広告を目にする人は「フラワーギフト」に興味がある人、

または「フラワーギフト」を「通販」で購入したいと思い、

わざわざ検索を行っている人だと考えられるため、

かなり絞り込まれた有望な(積極的な)見込み客に広告を表示する事ができる。

PPC広告を展開しているところは、

現在Overture(オーバーチュアー)や

Google AdWords(アドワーズ)が有名である。

以下、オーバーチュア(Yahoo!Japanの場合)とアドワーズ(Googleの場合)の表示例

オーバーチュア(Yahoo!Japanの場合)
PPCとは

アドワーズ(Googleの場合)
PPCとは2

 

ネットショップ開業運営システム【ECNALAb.】お問い合わせ