格安でネットショップ開業できるネット販売運営サービス【ECNALAb.】用語集

1to1マーケティングとは

読みかた:わんとぅわんまーけてぃんぐ

1to1マーケティング(ワントゥーワンマーケティング)とは


『顧客の求めている物や、行動履歴、思考・属性を分析して、要望にあったサービスや商品を提供すること』を言う。


テレビCMや新聞広告の様に、たくさんの属性の顧客に一度に情報を提示する、サービス・商品提供側からの一方通行な「マスマーケティング」と対比していると言える。


顧客全体をマス(集団)とし、その中での思考や傾向を元に行う従来のマーケティング手法に対し、1to1マーケティングでは顧客個々の情報から、顧客1人1人に合ったマーケティングを行う。


・・・例えば、旅行代理店を例にとって考えてると、


旅行に行きたい人は、それぞれ『○○に行きたい』と言う要望があります。

過去の顧客データーやインターネットのメールマガジン、アンケートなどで顧客の情報をデータ化し管理している旅行代理店は、それぞれの顧客データを元に顧客の要望にあったパンフレットの情報提供ができます。


一方、顧客の情報を管理していない旅行代理店は、全てのお客様に同じパンフレットを機械的に大量に情報提供していきます。


もっと噛み砕いて言うと、いつも行っている定食屋さんで、顔を見ただけで


『いつもの大盛りでいい?今日はビールどうする?』


と、言う様な事も立派なワントゥーワンマーケティングと言える。


1to1マーケティングとは


現代は顧客主導型マーケットへ移り変わっています。


従来のマスマーケティングの時代は終わり、カスタマーリレーションシップ(CRM)が重視される時代です。

 

ネットショップ開業運営システム【ECNALAb.】お問い合わせ