格安でネットショップ開業できるネット販売運営サービス【ECNALAb.】用語集

スプリット・ラン・テストとは

読みかた:すぷりっとらんてすと

「Split Run Test」のこと。

 

複数用意された広告の効果測定の手法。

2パターンの優劣をテストするケースが多いことから、
「A/Bテスト」と呼ばれることもある。

 

例えば、1000人にパンフレットを配る際に500人ずつに2パターンの広告を配布し、
どちらのパンフレットからの申し込みや、注文が多かったかを測定し、
より効果の高い広告を使用することで、広告効果を上げようとする方法。

 

ネットショップにおいて、例えば10万のPPC広告をかけ効果測定をしたとき、

 

LPOとは(ランディングページ最適化)

 

という結果を元に、ページの最適化をはかる手法。

 

なお、スプリット・ラン・テストを実施するには

・特定URLにユーザーがアクセスしたときに、順番に別コンテンツを表示する
・各コンテンツでの購買率の測定

の、二つの技術的要素が必要になる。

 

ネットショップ開業運営システム【ECNALAb.】お問い合わせ