格安でネットショップ開業できるネット販売運営サービス【ECNALAb.】用語集

導線とは

読みかた:どうせん

一般的には、顧客が来店し、商品を眺め、購入に至るまでの動きの線。

インターネットショップの場合は、通常とは違った導線の作り方が必要となる。
ユーザーが検索サイトなどから最初にサイトに訪れるページをランディングページと呼ぶが、ランディングページからの誘導や、見やすいトップページ、わかりやすいサイトレイアウトなどである。

一例を挙げれば、百貨店などでは最上階などの上層階で催し物を開き、そこに集客することで、途中の階の商品露出を高める方法(シャワー効果と呼ばれる)などがあるが、ネットショップの場合これは得策ではない。

 

ネットショップ開業運営システム【ECNALAb.】お問い合わせ